So-net無料ブログ作成

置きすぎた弊害 [バラ]

雨で始まる月曜日。
なんだ落ち葉掃きと水やりやろうと思ってたのに出鼻をくじかれた~と布団で二度寝を決め込む。

水やりはよくても、落ち葉はそのままだから、明日また早起きしなくては。
そんな落ち葉だらけのベランダ。

20181203-プリンス・モナコ(開花).jpg20181203-チャールストン(開花).jpg

ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ  チャールストン
モナコ大公は固く巻いたまま、全部は開かないかな。前回のように内側から光り輝く怪しげな美しさはないけれど、寒さにギュッと縮こまって咲く様子もまた可愛らしくて良い。
真っ赤に色づくチャールストンは、まったくどちら様??だ。
日に当たらなくても赤くなるらしい。彼は今完全日陰の身。

20181203-アバウトフェイス(開花).jpg20181203-ジャルダンドゥフランス.jpg

アバウトフェイス  ジャルダンドゥフランス
同じく完全日陰でも花開くアバウトフェイス、日向でも日陰でも退色度合は変わらないようだ。
咲くのかい?と毎日のぞき込んでいるジャルダンドゥフランスは、同じような蕾が3個ある。

並べた鉢の奥では、実は色々咲いている。
ファースト・キス、オフェリア、ヨハンシュトラウス、ステンレススチール、プリンセスモナコ、カトリーヌ・ド・ヌープ、アンブリッジローズ、エリナ、フレグラントヒル・・・等々。
近づくには鉢を動かさなければならず、時間に余裕がないと難しい。
お陰で、外からの方が色々咲いていてキレイに見えたりする。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。