So-net無料ブログ作成

評判通りのベビーロマンティカ [バラ]

花もちが良いと評判だが、まさかここまでとは・・・


20181008-ベビーロマンティカ(全体).jpg20181008-ベビーロマンティカ(蕾5).jpg

10月8日 


20181014-ベビーロマンティカ(蕾).jpg20181018-ベビーロマンティカ(アップ).jpg

14日   18日  


20181025-ベビーロマンティカ(開花).jpg
 
25日  まだまだ元気


20181029-ベビーロマンティカ(開花2).jpg

29日


20181030-ベビーロマンティカ(切り花).jpg

30日   我慢できなくて切る。 


ベビーロマンティカ、恐ろしい子・・・!(笑)



nice!(1)  コメント(0) 

内芽剪定をマスターしないと [バラ]

毎日の水やりから解放されたのは嬉しいが、今度は水やりのタイミングに悩む。

もう?
まだ??
花首がほんのり垂れてるから、今日は水あげなきゃダメか。

20181030-クリスティアーナ(切り花).jpg

クリスティアーナ

グイグイ伸びたシュートの先でぽっちり咲いていた。
香ってくるまで気付かなんだよ。
日陰に移してから、なんとなく元気がない。調子が悪いという程でもなく、お日様に当ててあげたいが場所がないんだゴメン、と言い聞かせる日々。

一方、こちらは日陰に順応してきた

20181023-プリンス・モナコ(新芽).jpg20181030-プリンス・モナコ(蕾).jpg

ジュビレ・デュ・プリンス・ドゥ・モナコ 

暑さと黒点ですっかり葉を落とし枝だけだったモナコ公も、秋の涼しさと日陰養生で復活の兆し。
ピカピカの新芽に、緑がかった白い蕾。なんてステキ。
グイグイ横に広がる困り者だが、領地を広げたいのは施政者の本能と諦め、好きに広がるままにしている。
早く内芽剪定をマスターしよう。

涼しくなってバラは落ち着いているが、全く落ち着かないのが家庭と仕事。
今日はついに娘に捨てられてしまった。

余りに仕事が忙しく、連日帰宅するなりバタンキュー(年がバレル)。
見かねた娘、今日は夫・息子と習い事に行ってしまった・・・お迎えも要らないって。
え~お迎えは母の楽しみなのに!
ちぇっ。

とっとと仕事終わらせよう。


nice!(0)  コメント(0) 

こんなばすでは [バラ]

 こんなはずじゃぁ なかったよね
 あの夏の日の約束は~

ええ、約束したのに守れませんでした。
「ママ明日早く起こしてね!」
ほぼ、守れたためしがありません。自分が寝坊するか、子が起きないかのどちらか。
人は頼りにならない、自分で何とかしよう!と早く悟って欲しい。

そして超『こんなはずでは・・・』が、

20181023-アンブリッジローズ(開花2).jpg20181023-アンブリッジローズ(開花).jpg

アンブリッジローズ

昨年末に届いてから、トラブル続きのバラ。
しょっぱなから枝枯れして全滅の危機だったり、黄変・うどんこ・黒点もひどかった。
なんとか落ち着いて、この秋初めての花を咲かせたが、

・・・これがミルラ?
・・・ ・・・ ・・・ミルラだめかも・・・。

バラの師匠に「ミルラ香は癖があるから注意」と言われたが、購入時はダマスクもミルラも知らず「バラはバラの香りよね~」で、初心者にも育てやすい強香のみで選んでいた。

花自体は好き。
薄い花弁の儚さと、花形を保つ強靭さのバランスが美しい。
クリムゾングローリーなぞ半日でパッカーンだし。
葉っぱないのにガンガン蕾をあげてくる気合?も好き。

師匠と相談し、キレイに育てて養子先を探す。
ミルラに慣れて虜になるかもしれないし~と、問題は先送りで決定。

いやはや、こんなはずでは・・・
   


nice!(1)  コメント(0) 

お引越し [バラ]

今日も二度寝の日曜日。

いや、ちゃんと5時に起きて娘を送りだしたはず。全く記憶ないけど。
居間で毛布に潜る母の横で、一人朝食を食べ、準備をし、キチンと出かける娘1号。
母がぐーたらなので、子はしっかりせざるを得ないね。
ありがたや~。

そんなぐーたらな世話でも、しっかり咲くバラ。

20181028-ギィダルメ(開花).jpg

ギィダルメ

あらどちら様?なギィダルメは、これが最後の花。
花持ちがよいので5日は楽勝。

20181028-マチルダ(蕾).jpg

マチルダ

今回の差し色は赤みが強く、非常に好み。勝手に育って、勝手に咲いて、独立独歩なえらいバラ。
昼にはパッカンと開ききるが、花付きの良さで完全カバーできる。
日陰でも全く問題なし。

日陰で少々問題なのが、オールド達。

20181005-ルイ14世、マダムルナイー、パヴィヨン・ドゥ・プレニー.jpg

10月5日の ルイ14世 マダムルナイー パヴィヨン・ドゥ・プレイニー

ここからほとんど成長していない。
この状態での越冬は自信がないので、日向へお引越し。

20181028-ルイ14世・パヴィヨン・ルナイー(引越し).jpg 

ルイ14世  パヴィヨン・ドゥ・プレイニー  マダムルナイー

ここは1日中日が当たる、当たりすぎて夏場は危険な場所だが、もう大丈夫でしょう。
黒点で葉を落としたまま元気のないこちらも一緒に。

20181028-カーディナル(引越し).jpg

カーディナル・ドゥ・リシュリー

・・・布団・洗濯物干しエリアなので鉢を置くと夫が嫌がるのだが、ここはイッチョ聞こえないふりして逃げ切ろう。
  


nice!(1)  コメント(0) 

トリオで開花 [バラ]

朝から雨。
水やりは昨日やったし、落ち葉掃除も今日はお休みだな~。
おや開きそうな蕾があちこち。楽しみ~~

と二度寝して起きたら、みな開ききっていた。あちゃー。

トリオで開花。

20181027-クリムゾングローリー(開花トリオ).jpg

クリムゾングローリー

地味なベランダでひと際目立つ赤。しかもトリオ。
ああ蕾で切りたかった。

20181023-マチルダ(トリオ).jpg20181027-イヴピアッチェ(開花トリオ).jpg

マチルダ  イヴピアッチェ

安定のマチルダは放置でもキレイに咲いてくれる。
ずっと開花を待っていたイブピアッチェ、瞬間を見逃すとは・・・無念!

20181025-クロードモネ(蕾).jpg20181027-クロードモネ.jpg

クロードモネ

初顔のクロードモネは、想像より小さく、かわいらしく咲いた。 
同時期に購入した他株に比べ、全体的に小ぶりで成長が遅い。
のんびり屋さん?
過酷な夏のベランダを生き延びているから、弱くはないと思うが。

数週間後には完全な日陰になるから、過酷な環境はまだ続くんだけどね。
 

nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。